柿畑で出会ったこと

縁あって柿畑を管理することになり、やってみると面白いことが起こり始めました。

一年間果物が庭で取れたらいいなという話。

f:id:otousannnosigoto:20200706234800j:plain

この実はカラスに渡さない!


こんばんは田舎のお父さんです。

外は大雨ですね。朝方はまだポツポツという感じだったのですが

午前中から強い雨が降り続け 午後もずっとざんざんぶりという表現の雨が

降っていました。

夜になってちょっと小休止。 ニュースによると九州の地域の方

雨のせいで避難されているという話も聞きました。

どうぞご無事でお体を大事になさってください。

 

さて 7月に入り 春から続いていた フルーツブームは 一段落しようとしています。

梅に始まり びわ、いちご そしてあんず、すももという風にとれてきたのですが

ついに庭の フルーツが、 昨日カラスにあんずを全てやられたことで 終わりました。

今畑に埋まってるのはなす、ピーマン、トマトぐらい

イチジクは実がなってるのですが熟れるまでにはもう少しかかるようです。

 

もともと我が家の庭に 果物系の苗が多いのは

子供達が 小学校に上がった時に 我が家は共働きなので

誰もいない家に帰ってきます。

同じ方面にお友達もいないようなので きっと家に帰ったらつまらないだろうなあと

思い、 せめて家に帰ったら 好きなだけ 甘い 果物を食べれるように

しておいてやろうと考え 始めました。

 

 しかし ようやく実がつき始めたのに贅沢言うのもなんですが

7月の1ヶ月と イチジクが終わった後の8月後半から9月

それとカキが取れ始める10月の中旬まで が 我が家の庭では

カバーすることができません 。

そこで 近所のおじさんに話をして、その時期カバーできる果物を

教えてもらいました。

まずこの時期カバーする 果物としては ブルーベリーがあるそうです。

我が家の庭にはブルーベリーはありきたりなので ラズベリーを植えたのですが

どうもブルーベリーが先で ラズベリーは一週間遅れぐらいで 実になるようです。

「そうかブルーベリーがあればいいな」と思い 注文だそうかと思ったら

ちょうど実家から「ブルーベリーができたから取りに来い」と いう連絡が来て

株を分けてもらうのと 収穫させてもらうのと両方しました。

 

 8月の後半から9月にかけては 大分おじさんも悩んでましたが

結論から言うと 「スイカかメロンやろうぜ」という風になりました。

遅めのスイカかメロンを作れば この時期も解決。

ただし その場合 皮を剥かなきゃならので 包丁 使う必要があるし

一日一個食べるというのも難しいので その場合は何かしら食べる方では

工夫がいるのかもしれません。

おじさんはさらに付け加えて 甘い瓜を作ってはどうかとも

教えてくださいました。

帰ってから調べてみると、ウリは育てるのが非常に簡単なのですが

メロンやスイカになると 難易度が 非常に高いということが分かったので

もしするとなると 結構頑張らなければいけないかなと思います。

 

最後の季節についてですが これについてはおじさんは

この時期は作らんでいいと なぜならなしやりんごなんかを作ってる農家さんから

貰い物が多くなるから、家でまで作るとダブついてしまうと 言う事でした。

 

確かに例年この時期は 梨をたくさんいただくなという風に思います。

また実家の 年々美味しくなっていく ぶどうもこの時期だったように思います。

もらってストックしておけばいいならという風に思いました。

 

さて一年を通してフルーツが食べれないか計画 はこれで

秋が終わるまで は 作戦ができました。

後は12月から 3月まで の期間何かできるといいなあと思います。

有力なのはみかんの木 それから我が家のじゃばらの木です。

冬も何かあれば 子供達は楽しんでくれるのかなと思います。

 

 今日もお読みいただきありがとうございました。